「人」との出会いが自分の人生を変える

T本

2年ぶりにすばらしい人と会いました。

横浜市にある「訪問介護ステーションの経営者」です。2年前はというと、私が介護老人ホームの営業時代の訪問先の福祉事業所の所長をされていた方です。まじめでお堅いイメージですが、人脈は広く、私が上司ともめたときには相談にものってもらいました。得るものも多く、ひとつの町で知らない人はいないくらい、介護に命を注いでいた方です。
2年前、突如その方がまったく異なる街で、さらに当時の所長という立場を捨てて、会社を興すと聞いたときは本当にびっくりしました。
送別会も盛大に50人以上集まり、その方は今でも当時の方とお付き合いがあるようです。

私が起業すると決める前から、ずっとお会いしたいと思っていましたが、なかなか仕事の都合上お会いすることができず、たまたまこの
ブログのことをお知らせしたときに、「今なら大丈夫!」といっていただき、電車で1時間ですが会いに行きました。今までの私ならさすがにいかなかったと思います。電車賃も往復で2000円弱、なにを話すか決まっておらず、時間も限りがある中で費用対効果としてどうなの?と思うかもしれませんが、なぜだが、必ず会わなければ!と思いました。よく聞く言い方にすると、ピンときたってやつです。
このタイミングを逃したら、今後、絶対に会えないと思いました。なぜだかチャンスのようにも思えたり、会えば何か変化するのではないかと思えたり、いろいろな複雑な感情の高まりから即答しました。

2年ぶりにあった経営者さんは、以前とは違いとてもあか抜けていました。かたい感じがなく、さらにフランクな感じにとても話しやすかったです。

いろいろと2年の出来事をお話しいただきました。
会社のために出資してくれた株主がいたこと、一緒に立ち上げた老夫婦がまったく仕事ができないお荷物だったこと、雇ったヘルパーさんが仕事をバックレることでのクレーム対応が頻繁だったこと、鬱になりかけたこと、仕事仲間に恵まれたこと、なかなか最初は本当に試練の連続だったそうです。現在は、一人一人の売り上げを数値化し、可視化したことでさらなる売り上げを積み重ねることができたようですが、少しでも赤字になれば、マイナス分は自身の給料から天引きとなるそうです。
少ない時間の中で、ものすごい情報量が頭に入りました。

会社を始める前、私も同じだったのですが、「今この瞬間は行動しなければならない」と思ったようで、いろいろな人に会ったり、会いにいったり、セミナーに参加したりとできることはすべてやり切ったそうです。
セミナーで会った方の中には政界に通じる方、グローバルな方もおり、経営者さんは某大手通販サイトの社長の前で介護に関する講演までされたようです。今でも政界の方とつながっており、介護から世界へ羽ばたく準備をしていると言っていました。

動かなければ出会わなかった人がたくさんいると話してくれました。やるか、やらないか悩んだわけではなく、それしか道がないと迷うことなく進んだそうです。
また、私の今後と、この1年間の激動をお話ししたところ、私のやっていることや今に至った考えなどが経営者さんが通ってきた道と同じようで、鳥肌がたったとなんどもおっしゃっていました。さらに、類は友を呼ぶ ではないすが、同じチャンネル、アンテナの周波を発信していれば、同じ考えの人が寄ってくるとも言っていました。経営者さんとの2年ぶりの再会は私にとって、相当価値のある1時間でした。
出会うべくして出会えた、N島氏や営業勉強会のメンバーの方も同じですが、偶然なんてありえず、出会ったからには必ず意味がある。

まだそれに気づいていないだけ。今後の人生において、点と点とが線になる日が必ず来ます。

経営者さんはまた一緒に仕事がしたいとも言っていただけました!(聞き間違いでなければ(笑))
人のご縁はわからないものです。本当に。

話は変わりますが、そんな素晴らしいひととお会いした後に、マルチ商法っぽい人に会ってしまいました。
あきらかにネズミ講です。出会いは先月の異業種交流会。情報交換しようということで会いましたが、会うなりいきなりスーパーテンション。こちらがちょっと引くくらい。自分のことをまあよくぺらぺらとお話しされました。1時間しか会えないと初めに伝えていたのですが、急に仕事の話なり、「ちょっと説明の練習をさせてもらえませんか?」と40代の女性。結局は、その健康食品を買って、さらに紹介してマージンを得たいひとはいませんか?とのことでした。

ここで営業でいうならば
商品の説明や本当の狙いは、私なら次回にする!なぜならまだお互い知りえてないにもかかわらず、信頼関係がないからです。
美容師と健康食品、エステを兼職されているようだったので、わたしなら髪を無料で切ってあげるとかエステに呼んで気持ちよくさせてから本題に切り出す。これは本当に売れない営業マンと同じだと思います。1時間という限られた商談のなかで、どのように時間配分をするか、また、商談前にその商談のゴールをどこに置くかを決めておかなければ、結局自分都合の押し売りになってしまう。
初回は関係構築に40分使って、相手の話をじっくりきこう!相手の最も関心のあることを理解してから2回目に本題に入ろう!など。

私はもう二度とその方とお会いしないです。LINEまで交換するはめになってしまいましたが、これもいつか点と点がつながること祈りたいとおもいます。読者のみなさん、籠の外は思った以上にすばらしいです。自分のリミットを外して飛び出してみてください。疑う時間がもったいないです。必ずいい出会いがありますよ。

ということで、素晴らしい人 と マルチ商法という正反対の人と出会うことができた1日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました