24歳 人生初転職

S鳥

初めまして、T本さんの誘いでこの営業のたまごメンバーに入った新人営業マンS鳥です。
初めて記事の更新をします。
本当はもっと早く記事の更新に参加して自分の視点をアウトプットしていきたかったのですが、何事も0を1にするのって踏ん張りがいりますね。
これから更新を続けて自分の投稿数を100にすることを目標にしようと思います。どうぞよろしく!

今回は、今年社会人3年目になる25歳の私が今年5月に介護会社を退職してIT商社の営業マンになった話を書きます。
今回人生初の転職をしてみた感想としては、「今の会社はきついけど、転職して良かった。」という感じです。
前の会社でも営業をしていたのですが、辞めた理由はその会社では営業として経験値が少ないと感じたからでした。今振り返ると、自分の考え方次第でまだやれることもあったかなと思いますが、当時は目標にしていた先輩社員が一気に数名退職してしまったことや、新規訪問営業でコツをつかんできたタイミングで無理な部署異動があったりと会社の方針についていけなくなってしまいました。
5月頭から有給を消化し、5月末退職で6月1日から今のIT商社に入社。新規開拓チームに配属され、ITの勉強をしながら法人相手にテレアポ営業を行っています。
もう入社して4ヶ月経ちましたが、テレアポって結構精神的にきついですし気が遠くなります。ITも専門用語が多くて非常に難しく、頭から火花が出そうです・・・。
要約すると、今の職場は非常に疲れるしたいへんです。
入社して初めの1ヶ月は、新しい会社で新しい環境で働くことに対して「わくわくが止まらない!」とテレアポの方法や営業の方法も試行錯誤しながら働いていましたが、2ヶ月3ヶ月目はなかなかしんどかったです。
というのも歴史のある会社であるため社風に昭和チックな部分が多く、いわゆる「気合と根性」の考えが根付く軍隊会社でした。結構理不尽な怒られ方や怒鳴られたりもします。
私は意地っ張りですから、上司に「最近の若者は・・・。」と思われるのが嫌で、正直に軍隊についていきました。勿論正面からすべて受け入れるのは無駄が多いことに気づきます。
4ヶ月目でやっと軍曹上司の指示を全て正面から受け止めるのではなく、要領よくこなす方法を覚えて読書の時間など自分の時間が作れるようになりました。
ざっくりと書くとこんなところでしょうか。
今回の私の転職は前職とは全くの畑違いですから、今もこれからも猛勉強の日々を続けなくてはいけません。覚悟はしていましたけど転職活動も転職後もかなりパワーを使います。
ですがただ単に疲れるし過酷というわけではなく、間違いなく経験を積んでいるという実感がありますし、新しい環境は良い刺激が非常に多いです。
前の会社ではそれなりの成績を上げていたため、まあまあ同年代の他の人よりはできているという多少の自負もありました。しかしそれは「その会社」という閉鎖的な空間でできていただけあり、いわゆる井の中の蛙というやつです。大海に出て自身のちっぽけさに改めて気づきました。
そういう意味でも今回の転職は非常にいい経験になっています。

とりあえず人生初転職はそんな感じです。
そのうち転職活動中や退職するときの一悶着エピソードも書こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました